コネタマ

2009年9月18日 (金)

“おはぎ”かあ…食べたいなあ


コネタマ参加中: お彼岸スペシャル。あなたの、一番好きな“おはぎ”の種類は?

おいらにとっては「おはぎ=つぶあん」なのです。これは譲れません。
“こしあん”なんて邪道!おはぎは“つぶあん”に限るのじゃ~!

“あおのり”というのは大阪では定番らしいけど、見たことないぞ~。
“きな粉”と“ごま”は許そう。“つぶあん”だけでは飽きるから???
“きな粉”はお餅との相性がよい。つまりはもち米との相性がよいわけだ。
“ごま”は“つぶあん”の「箸休め」によい???

おいらの友達(女性)は、“白あん”と“抹茶”が好き!と言ってた。
なに?“白あん”だと??“抹茶”だと???
そこまでいくと単なるおはぎではなく、立派な和菓子じゃないか???
おいおい…おはぎは「主食」だぞ。

ちなみに女房はおはぎが大嫌い。もちろん作らない。
「どうしてご飯にあんこを塗るわけ?信じられない…」
間違いではありませんけど…

明日あたりスーパーで買ってくることにしようっと。

| | コメント (55) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

迷信?格言?どっちだ?


コネタマ参加中: 何となく信じている“迷信”ってある?

迷信なのか格言なのか忘れたけど「鰯の頭も信心から」かな。
「信ずる者は救われる」ってことで…。
誰も(何も)信じられなくなっている今の世の中だからこそ、信じることが大事かと。
まあ甘いといえば甘いんですけどね。

迷信や格言にはそれぞれ意味があると言われます。
「雷が鳴ったら…」は急に気温が下がるのでお腹を冷やさないようにするため。
「夜に爪を切ると…」は深爪をしないようにするため。
などなど…。

古人のありがたいお言葉には耳を傾けて損はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

あちきは眼鏡派で息子はコンタクト派


コネタマ参加中: あなたは眼鏡派? コンタクト派?

あちきはずっと眼鏡派です。
周りには大勢のコンタクト派がいますが、どうにもコンタクトは好きになれない。
ましてや今は老眼が進み…眼鏡も遠近両用になってしまった。
普段は特別不便を感じませんが、夏場だけはサングラスをしたいなあと思いますね。
残念ながら専用のサングラスを購入する余裕がないもので…我慢してます。
ちなみに眼鏡をかけ始めた理由は近視ではなく乱視でした。

息子は中学時代から目が悪く、ずっと眼鏡を愛用してました。
中3の時に雨の中での試合があり、パートナーの母親から注意されたことがありました。
「雨の中で眼鏡は不便でしょ。明日からコンタクトにしなさい」
この母親の権限は絶対でした。翌日眼科に行き、以来ずっとコンタクト派です。

最近のコンタクトは種類も豊富なようですね。
息子は「1日使い捨て」…ワンデーなんとかというのを使ってます。
長い目で見るとどうなのでしょう?使い捨てというのは割高なのかな?
不精な息子なので手入れをしなくてもよい使い捨てを使わせているのですが…

最初は「運動するとき以外は眼鏡をかける」約束だったのですが…。
いつの間にか毎日コンタクトをするようになりまして…。
一応予備として眼鏡を持たせていますが、ほとんど使っていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ごく普通に右利きです


コネタマ参加中: あなたは左利き? 右利き?

僕の若かりし時代は左利きは「(左)ぎっちょ」と言われ、肩身が狭かったかも。
「左用のグローブ」は少なかったし、「左用のクラブ」なんてほとんど目にしなかったですね。
高校の同級生は当時野球部のエースとして活躍しましたが、理由はサウスポーだったから。
「左」というだけでエースになれた時代だった???
ある意味「希少価値が高かった」から、あこがれた部分もありましたね。

それが今や「左利きが作られる」時代になったようですね。
本来は右利きなのに、親や指導者によって左利きにされるケースがあるとか聞きます。

そういえば普段は右利きだけど、ボールを投げるのは左という選手もいますね。
サウスポーなんだけど、ペンは右手に握って書くとか。
いずれにせよ「左右両方使える人」はいいですよね。憧れます。

僕などはもうトシですからいまさら無理ですけど、若い人は利き腕と反対の腕を鍛えましょう。
お箸を持つ練習や文字を書く練習をするとよいそうです。
何事にもバランスは大切ですから、体も左右バランスよく鍛えるのがベストなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

ジジィは綿棒派ですが


コネタマ参加中: 耳そうじ、あなたは綿棒派?耳かき派?

ジジィは「綿棒派」ですが、女房と息子は「耳かき派」ですね。

おそらく「耳垢」の質にもよると思いますね。

ジジィは「ウエット」ですが、女房と息子は「ドライ」ですから。

(女房はジジィの耳を「アメ(飴)耳」と言ってます)

同じ「ドライ」でも息子のはまたちょっと違うようで、取れにくい(女房談)とか。

小さい頃はよく耳鼻科のお世話になってましたね。

さすがは専門家というか、あっという間にきれいにしてくれましたね。

女房の膝枕で耳掃除をしてもらう…そんなのは遠い昔の出来事だった???

今は自分でコツコツとやってます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

心太ですかね

コネタマ参加中: 夏の冷蔵庫に、常備したいものといえば何?

「冷やしトマト」…いいですねえ。だぁーい好きです。でも…冷蔵庫にはありません。
理由ですか?女房がトマト嫌いだから…。これだけは好きになれないそうで…。

「ビール」「麦茶」…これは一年中冷えてますねえ。年間必需品ですわ。

「スイカ」…これぞ夏の定番?美味しいですよね。でも…冷蔵庫にはありません。
理由ですか?女房がスイカ嫌いだから…。キュウリ臭いとかで…。

やっぱり「心太(ところてん)」でしょう。
さてここで質問ですが…、心太を食べる時は「一本箸?それとも二本箸?」
我が家では「心太は割り箸の一本箸で…」と決まっております。
割り箸を割って仲良く一本ずつ使う…というのがお決まりコースなんですわ。
みなさんの家ではどうしてますかねえ?

もう一つの必需品は「氷」ですね。市販の「ぶっかき氷」です。
冷蔵庫で作る氷よりも美味しいし、長持ちします。
夏場は需要が供給を上回るので、我が家では必需品です。
ちなみに今日も一袋買って来ました。

しかし…冷やしトマトやスイカが食べたいですぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

大曲の花火…よりも地元の花火大会か

コネタマ参加中: あなたのイチオシの花火大会は?

そりゃあやっぱり「大曲の花火」でしょう。
正しくは「全国花火競技会」なので、通常の「花火大会」とはちと違います。

残念ながら実際に見に行ったことはありません。
「当日には帰ってこれないよ」とか「朝一で行かないと席取れないよ」とか…。
これまでは「先着順」だったので、朝から一日かけての花火見物。
会場近くの駐車場に車を停めようものなら、帰りは出られやしない。
最も遠い駐車場に停めて、ひたすら歩くというのが正しいと聞く。
「どうしても行きたければ電車が一番」と聞くが、これだとかなり歩くらしい。

そこまでして見たくはないよと思うものの、ライブの迫力はすごいらしい。
一度は実際に見てみたいと思うのだが、結局はTVで見てしまう。

ところで今年から一般の観覧席の販売を抽選方式に変更したらしい。
だからといって混雑が緩和するとは思わないのだが…。
おまけに「高速道路1000円」の効果もあるだろうし、渋滞はひどくなるかも。

それよりも地元の花火大会で満足しておくべきか。
前のマンションは13階だったので障害物もなく、特観席だったのだが…。
今は3階で障害物が多く、音が聞こえるのみになってしまった。

ちなみにどちらも来月開催です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

独眼竜かな

コネタマ参加中: あなたのベストオブ大河ドラマといえば何?

大河ドラマは数々あれど、一年間見続けたのは以下の3本のみ。

「独眼竜政宗」「元禄繚乱」「風林火山」

途中が少し抜けてしまったが、ほぼ見続けたのが「葵・徳川三代」かな。

独眼竜政宗…伊達政宗が好きなことに加え、渡辺兼さんの演技が良かったから。

元禄繚乱…赤穂浪士への興味と、勘九郎(当時)さんのファンだったから。

風林火山…脇役陣が充実してたからかな。

ベストは…「独眼竜政宗」かな、やっぱり。

噂の?「篤姫」は個人的に宮崎あおいさんが好きではないので一度も見てません。

「天地人」は見続けてますが、妻夫木くんが好きなわけではなく…。

長澤まさみさんは必要なかったと思うし、松田政宗はイメージと違う。

直江兼続があまりにも“いい人すぎる”ところもちと不満なのだが…。


主役はもちろんですが、脇役の方々の演技がモノをいうと思いますね。

津川雅彦さんが演じた徳川家康は最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

夏にしか食べられないのはこっち

コネタマ参加中: 冷やし中華vsそうめん、夏に食べたいのはどっち?

そうめんは「年間メニュー」。
冷やし中華は「夏季限定メニュー」。

我が家のメニューはそうなってますね。シェフ(女房)の都合で…

そうめんは場合によっては冬でも食べますが、冷やし中華は夏場だけですね。

実は今夜は冷やし中華でした。初めて極細麺に挑戦してみました。(女房談)
これがなかなか美味かった。いいかもしれんよ、極細麺も。

トッピングは冷蔵庫にあるものは何でも入れるのが女房流ですね。
ちなみに今夜のは…キュウリ、カニカマ、ゆで卵、かもめちくわ、ソーセージ、だったかな。

いろいろ食べてみたけれど、やっぱり我が家の口には「マルちゃん」のが一番かも。
(今夜の冷やし中華も“マルちゃん”の極細麺でした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

好き嫌いはいけません

コネタマ参加中: 【男性限定】自分はいわゆる“草食系男子”だと思いますか?

自分のような「おじさん族」の大半はおそらく「雑食系」でしょう。
そもそもおじさんたちの若い頃には「草食系」だの「肉食系」だのといった分類なんてなかったし…
あえて言うなら「草食系とは思わない」ですかね。

甘いものは大好きですよ。ひとりで「甘味処」に入ることもできます。まったく抵抗ないです。
一方でお酒も大好きで、毎晩飲んでます。
ようかんやお饅頭を片手にビールを飲むこともへっちゃら。
甘いものはおいしいですねえ。

おじさんの憂いは「据え膳食わぬは男の恥」なる言葉が死語になること。
「下手な鉄砲も…」とは言わないまでも、打たなきゃ永遠に当たらないわけで。

サッカーに例えるならば、「チャンスでもシュートは打たずにパスを出す」のが草食系か。
「シュートは大半が外れるもの。決まる方がまれ」なわけで、“打ってみる”のが肉食系?

男が軟弱になってゆくのを憂いているのはおじさんたちだけかな。
「器用になった」と言えなくもないけど…

打たれ弱くなってしまった責任は、おじさんたち父親のせいかもしれん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)