« あちきは眼鏡派で息子はコンタクト派 | トップページ | 迷信?格言?どっちだ? »

2009年9月12日 (土)


コネタマ参加中: 学校の座席。マイ・ベスト・ポジション!を教えて

自分自身のことについては「大昔の話」なので、息子の話をば。

連日元気に登校していた息子が、ある日泣きながら帰ってきました。
「どうしたの?」と聞いても「なんでもない」と答えるだけ。
その後は連日同じように泣きながら帰宅する日々が続きました。

「学校行きたくない…」
いつしかそんな言葉も聞かれるようになりました。
理由をいくら聞いてもはっきりしませんでした。

仕方なく担任の先生に相談しました。
「わたしにもわかりません…」(というか気づいていなかったようでした)

そこで提案してみました。
「息子の席を先生の目の前(教壇の前)にしてもらえませんか?」
「しばらくの間、様子を見ていてください」

席替えの効果なのか、あるいは女房の励ましのおかげか。
数日後からは何もなかったかのように元気に登校するようになりました。
いまだにあの時の“登校拒否”は何だったのかがわかりません。

灯台もと暗しの如く、教壇の前の席は穴場とも言われます。
しかし、うちの息子に限っては効果があったように思われます。
(親バカかもしれませんが)

余談ですが、
つくば市(茨城県)の小学校では廊下と教室との仕切りがありませんでした。
廊下はオープンスペースと呼ばれ、適度な広さがありました。
なので授業参観のときはちょっと変わった風景に…。
なにせ真横から授業が見られるわけですから。
さすがは「全国のモデル校」だけのことはありましたね。

今から15年くらい前の話なので、今はどうなっているのでしょう。

|

« あちきは眼鏡派で息子はコンタクト派 | トップページ | 迷信?格言?どっちだ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1135033/31344986

この記事へのトラックバック一覧です: :

« あちきは眼鏡派で息子はコンタクト派 | トップページ | 迷信?格言?どっちだ? »