« 2009年8月 | トップページ

2009年9月

2009年9月18日 (金)

“おはぎ”かあ…食べたいなあ


コネタマ参加中: お彼岸スペシャル。あなたの、一番好きな“おはぎ”の種類は?

おいらにとっては「おはぎ=つぶあん」なのです。これは譲れません。
“こしあん”なんて邪道!おはぎは“つぶあん”に限るのじゃ~!

“あおのり”というのは大阪では定番らしいけど、見たことないぞ~。
“きな粉”と“ごま”は許そう。“つぶあん”だけでは飽きるから???
“きな粉”はお餅との相性がよい。つまりはもち米との相性がよいわけだ。
“ごま”は“つぶあん”の「箸休め」によい???

おいらの友達(女性)は、“白あん”と“抹茶”が好き!と言ってた。
なに?“白あん”だと??“抹茶”だと???
そこまでいくと単なるおはぎではなく、立派な和菓子じゃないか???
おいおい…おはぎは「主食」だぞ。

ちなみに女房はおはぎが大嫌い。もちろん作らない。
「どうしてご飯にあんこを塗るわけ?信じられない…」
間違いではありませんけど…

明日あたりスーパーで買ってくることにしようっと。

| | コメント (55) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

迷信?格言?どっちだ?


コネタマ参加中: 何となく信じている“迷信”ってある?

迷信なのか格言なのか忘れたけど「鰯の頭も信心から」かな。
「信ずる者は救われる」ってことで…。
誰も(何も)信じられなくなっている今の世の中だからこそ、信じることが大事かと。
まあ甘いといえば甘いんですけどね。

迷信や格言にはそれぞれ意味があると言われます。
「雷が鳴ったら…」は急に気温が下がるのでお腹を冷やさないようにするため。
「夜に爪を切ると…」は深爪をしないようにするため。
などなど…。

古人のありがたいお言葉には耳を傾けて損はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)


コネタマ参加中: 学校の座席。マイ・ベスト・ポジション!を教えて

自分自身のことについては「大昔の話」なので、息子の話をば。

連日元気に登校していた息子が、ある日泣きながら帰ってきました。
「どうしたの?」と聞いても「なんでもない」と答えるだけ。
その後は連日同じように泣きながら帰宅する日々が続きました。

「学校行きたくない…」
いつしかそんな言葉も聞かれるようになりました。
理由をいくら聞いてもはっきりしませんでした。

仕方なく担任の先生に相談しました。
「わたしにもわかりません…」(というか気づいていなかったようでした)

そこで提案してみました。
「息子の席を先生の目の前(教壇の前)にしてもらえませんか?」
「しばらくの間、様子を見ていてください」

席替えの効果なのか、あるいは女房の励ましのおかげか。
数日後からは何もなかったかのように元気に登校するようになりました。
いまだにあの時の“登校拒否”は何だったのかがわかりません。

灯台もと暗しの如く、教壇の前の席は穴場とも言われます。
しかし、うちの息子に限っては効果があったように思われます。
(親バカかもしれませんが)

余談ですが、
つくば市(茨城県)の小学校では廊下と教室との仕切りがありませんでした。
廊下はオープンスペースと呼ばれ、適度な広さがありました。
なので授業参観のときはちょっと変わった風景に…。
なにせ真横から授業が見られるわけですから。
さすがは「全国のモデル校」だけのことはありましたね。

今から15年くらい前の話なので、今はどうなっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちきは眼鏡派で息子はコンタクト派


コネタマ参加中: あなたは眼鏡派? コンタクト派?

あちきはずっと眼鏡派です。
周りには大勢のコンタクト派がいますが、どうにもコンタクトは好きになれない。
ましてや今は老眼が進み…眼鏡も遠近両用になってしまった。
普段は特別不便を感じませんが、夏場だけはサングラスをしたいなあと思いますね。
残念ながら専用のサングラスを購入する余裕がないもので…我慢してます。
ちなみに眼鏡をかけ始めた理由は近視ではなく乱視でした。

息子は中学時代から目が悪く、ずっと眼鏡を愛用してました。
中3の時に雨の中での試合があり、パートナーの母親から注意されたことがありました。
「雨の中で眼鏡は不便でしょ。明日からコンタクトにしなさい」
この母親の権限は絶対でした。翌日眼科に行き、以来ずっとコンタクト派です。

最近のコンタクトは種類も豊富なようですね。
息子は「1日使い捨て」…ワンデーなんとかというのを使ってます。
長い目で見るとどうなのでしょう?使い捨てというのは割高なのかな?
不精な息子なので手入れをしなくてもよい使い捨てを使わせているのですが…

最初は「運動するとき以外は眼鏡をかける」約束だったのですが…。
いつの間にか毎日コンタクトをするようになりまして…。
一応予備として眼鏡を持たせていますが、ほとんど使っていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ごく普通に右利きです


コネタマ参加中: あなたは左利き? 右利き?

僕の若かりし時代は左利きは「(左)ぎっちょ」と言われ、肩身が狭かったかも。
「左用のグローブ」は少なかったし、「左用のクラブ」なんてほとんど目にしなかったですね。
高校の同級生は当時野球部のエースとして活躍しましたが、理由はサウスポーだったから。
「左」というだけでエースになれた時代だった???
ある意味「希少価値が高かった」から、あこがれた部分もありましたね。

それが今や「左利きが作られる」時代になったようですね。
本来は右利きなのに、親や指導者によって左利きにされるケースがあるとか聞きます。

そういえば普段は右利きだけど、ボールを投げるのは左という選手もいますね。
サウスポーなんだけど、ペンは右手に握って書くとか。
いずれにせよ「左右両方使える人」はいいですよね。憧れます。

僕などはもうトシですからいまさら無理ですけど、若い人は利き腕と反対の腕を鍛えましょう。
お箸を持つ練習や文字を書く練習をするとよいそうです。
何事にもバランスは大切ですから、体も左右バランスよく鍛えるのがベストなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ